白百合学園小中高、千葉大建築専攻、スタバで社会性をキャンピングツアー部で度胸を得て、現在修士2年。07年9月よりパリにて留学生活をしてきた。no painもといno paris, no gainを綴り、今はTokyo生活を綴る。


by noirblanc_yuko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ふと気づくと、会社員8年目になっていた。


ふと時間を確認すると、もう11半でもうすぐ昼食だ、
というような感覚。

がむしゃらに働いてきた。
憧れのスーパーゼネコン設計部に入社し、
おじさんだらけの打ち合わせ、男にまみれて働いてきた。
文字通り。
朝の8時半から、終電まで。
そんな日々が続くときもあった。

いわゆる「小さい頃からの夢」を実現できた。
そろそろ次の志に取り掛かろうと思う。
わがままと言われるかもしれないが。

数日前に、会社に退職届を出してきた。


これから、私の次のステージが始まります。
9月はそれまでの充電期間。

と、その前に、、、
平凡な夏休みの記録。


1日目;美容室にいってきた。
夜、大学時代の友達と、近所のイタリアンへ。

まずは、形から入る。

仕事に忙殺されて、「生活」をしてこなかった分、
毎日と自分を大切に生きていこうと思う。




[PR]
# by y-hiro83 | 2016-08-12 23:21 | 日記
建築の勉強をして7年(そのうちの2年は都市計画研究室に在籍)、
設計の仕事をして6年、目から鱗の一文。

p76-77

「建築や都市計画の文献は窓、眺望、視線という点からプライバシーに取り組んでいます。
生活しているところをだれも外からのぞいたり眺めたりできなければ
ーほらごらん、これぞプライバシーとうわけです。
愚かな話です。
窓のプライバシーなんか、これほど簡単に手に入る代物はないくらいです。
日除けを下ろすかブラインドを調整するだけでいいのですから。
でも私的なことを自分の選ばれた人たちだけに知らせてとどめるプライバシー、いつだれを自分の時間に入り込ませるかをそれなりの水準で管理するプライバシーは、ほとんどの場合まれにしか手に入らない財で、
これらは窓の向きとは何の関係もありません。」

学生時代の設計課題の「コンセプト」にほぼほぼ登場する常とう文句「プライバシーとパブリック」
これをいわゆる「建築手法」で制御するのにまさに「窓の向き、フロアの高さ、視線の交わり」という
ワードが登場し、大量の「→」をコンセプト図に書き込んでいた。
仕事を始めたいまもあまりそれは変わらない。

いま、シェアハウスで暮らし始めて3ヶ月たった身として考えるのは、共用のリビングに訪れることた。まさに「いつだれを自分の時間に入り込ませるか」を行っている、と気づいた。
建築手法ではなく、行動。
シェアハウスの共用部は都市の街路空間。
[PR]
# by y-hiro83 | 2015-06-10 16:33 |
学生時代からの宿題の本を社会人7年目にしてようやく読み始めた。
以下、本文より抜粋と雑感。


p53
「行動というのは確かに、自分が街路の所有者だとある程度強く自認していないと起こりません」

その昔、私は小学校〜高校まで九段下から靖国神社を通学路としていた。
ある日高校せ2年のときに靖国神社から九段下の駅に向かう途中で目のまえを歩く小学生男子
(おそらく高学年にさしかかったころ)が、ペットボトルをポイ捨てする光景をみた。
それを見た私は、友達の驚きの眼差しも気にせず、小学生男子に近寄り、

「落としましたよ」

とまるでオフィスのお局のように彼らに声かけかけたのを覚えている。
学生時代の私にとって無意識のうちに「自分が街路の所有者だと自認」していたことを
思い出した。

その後、不機嫌な表情を浮かべ、反抗期手前の小学生男子は、
数メートル歩いた先で、さらにペットボトルを落としていった。

それを見た私が、さらに声をかけたか、自らペットボトルを拾いゴミ箱へと運んだかは
記憶にないのだが。。

街路の所有者、だと高校生ながらに無意識で感じでいた思い出だった。
[PR]
# by y-hiro83 | 2015-06-10 12:28 |

修了式翌日の朝


修了式を25日に終えて、いま31日。
1週間が経つけれど、その時間の早さは、もう考えたくもなかった。

もう、私はジェットコースターの着席に座り、安全ベルトを締め、
肩に安全バーを下ろしている。

そして発射の合図を待っている。
係員のひとが、最終点検を澄まして、発射のベルをいま、鳴らそうとしている。
そんな情況だ。

26日の明け方は、身にしみるほどの寒さとともに、眩しい朝焼けが、壕の向こうに生えるビルの側面を照らしつけていた。


朝5時の西千葉発の電車に乗り込む。
空は暗く、7年間近く見続けていた「西千葉駅」の看板がぼんやりと証明に照らされている。
そして改札をくぐり、再び暗い空のもと、ホームに立つ。
疲労にまみれた体を幾度無く西千葉駅に立たせ、総武線を待っていた日々。
これも、もう最後なのか、と、修了式を終えて18時間後に、ふと実感する。

黄色い電車が千葉駅からやってくる。
乗りこむ。

ここから始まる60分の旅。
稲毛、幕張本郷、幕張、、景色がどんどん過ぎ去って行く。

学部時代から使い続けたこの電車の窓から、
一駅すぎることに、走馬灯のように7年間の思い出が脳裏を駆け抜けて行く。

疲労と共に眠りつづけた60分、悲しみにくれた60分、友達にメールをつくり続けた60分、悩みに頭を絞り続けた60分、パソコンを開いて作業をした60分、わくわくして夕焼けの空を眺めた60分。

始発で乗り込む総武線。
終電で乗り込む総武線。

千葉大に行くために、
千葉大近くで飲む為に、
千葉大にいるみんなに会うために、
千葉大で学ぶために、
私は通っていた。

そして、電車が津田沼を過ぎ、市川を過ぎ、西千葉から離れていくにつれ、
この総武線が、学生時代→社会人行き列車に思えてきた。

止まらない勢いで駆け抜けて行く列車。
外の暗さで、窓に自分の姿が映り込んでいたのに、
いつの間にか、空は薄い紫色になっていた。
遠くの方で朝がやってきた。

列車は止まる事無く駆け抜けて行く。

ついさっきまで研究室でみんなでお酒片手にたわいもない話をしていたことが
ずいぶんと昔のことのように思えてくる。

西千葉駅が、学生時代が、どんどん遠ざかって行く。

錦糸町を過ぎ、秋葉原を過ぎ、お茶の水で乗り換える。

早朝と夜遅くの電車は、お茶の水で乗り換えなければならない。
そんなことに嫌悪感を覚えていたこともあった。

ホームは、朝の様相を照らしていた。

朝だった。

西千葉は、学生生活は、走馬灯の一部となり、もう、
戻らない場所になっていた。

そして、次の列車に乗り込む。

水道橋、飯田橋を経て、市ヶ谷に着く。

到着した。

いつもの60分の通学時間。
最後の60分の通学時間。

学生時代→社会人行き列車の窓からは、
7年間の思い出が、浮かんでは過ぎ去って行った。

市ヶ谷の改札の外は、思っていた以上に寒かった。
空気が冷たかった。

外濠の交番横に、桜がちらりと咲いている。
7年間、この季節、見上げてきた桜。

そして、同時に、桜の花びらが舞っていることに気づく。

いや、

違った

それは

粉雪だった。


あまりの寒さの中、朝6時の空から、粉雪が降っていた。

咲きかけた桜と、粉雪。

どうしようもなかった。

そして、駅近くに停めてある自転車にキーをさしこみ、
西千葉の思い出を胸にしまいこみ、
ペダルをこぐ。

桜と粉雪の中。

そして、はっと気づく。

外濠のむこうに生える、高層ビルの側面に、
眩しいくらいの朝焼けが差しつけていることに…!


7年間通い続けた千葉大学の修了式の翌朝は、これ以上考えられないくらいの、
空だった。

7年間で、最高の空だった。


咲きかけの桜と、僅かな粉雪、目を細めたくなる朝焼け。



09年3月、千葉大学を卒業しました。


あしたから、新しい走馬灯の続きが始まります。
[PR]
# by y-hiro83 | 2009-03-31 23:20 | わたくしごと

「観音普陀落浄土」 1972年
白髪一雄(1924- 2008)  兵庫県尼崎生まれ、抽象画家
「青」のとなりに確か「赤」があって、赤のみでないけれど、
これの、どこがどう観音普陀落浄土なのかわからないけど、
そもそも観音普陀落浄土を理解してない。

足で描く抽象が。
白髪は出家もしていたらしい。

滝壺があり、その奥は観音さまの普陀落浄土につながっている。
c0093935_23542791.jpg

[PR]
# by y-hiro83 | 2009-02-22 23:54 | art

 [07.06.85]
Zao Wou-Ki (1921-)
1948年からパリに移住。現代美術家の一人。

ブリヂストン美術館で見て、冬なのにやっぱり青のみこまれました。
c0093935_23283356.jpg

[PR]
# by y-hiro83 | 2009-02-22 23:28 | art
c0093935_231457100.jpg

カンブリア宮殿
「トップリバー:嶋崎秀樹社長」
事業内容:大規模経営農家育成支援事業
              野菜の生産・販売
_________________

(以下、番組メモ)
・農家は何十年もの間、「天気が悪いから品物(農作物)は出せません」
ということを行っていた。
だから、海外など他の市場に持って行かれてしまっていた。
しかしそれではいけない。
ビジネスというものは信用が第一。
つまり、「契約」したからにはたとえ天気が悪くとも、
他から3倍4倍の値段を払ってでも手に入れて、「お客」(=取引相手)に
渡さなければいけない。
また、売る努力として、スーバー、コンビニ、外食、生協と50社と年間契約し、確実な収入を得る。(350円のレタスとして店頭で売られている。)
・そして売り上げは設立当初の27倍10億円。

・農地は、「所有」が目的ではない。
農作物を育てて、出荷する事が目的。つまり、「レンタル」でもよいということ。

・儲かるというよりも
幸せになるのが農業
・6年間で独立する社員。農業のプロになる。
・大きくする気はない。トップリバーの精神をうまくアレンジしてもらいたい、


村上:日本は環境と農業を伸ばせ。
派遣の受け入れとは言わないけれど、いま会社に「派遣切り」の方々が来たらどうしますか?

社長:朝5時に起きて、働ける、というものは長野県に来い。
   
//////////////////////////

「片田舎でおじいさんとおばあさんが、首にタオルをまいて農作業」
というイメージを一新させる迫力だった。
農家、だけど、経営者。
「天気が悪いから作物は有りません、は有り得ない」
は納得。
また、TV途中に出て来た「取引先」のサイゼリア社長の言葉にも納得。

「ビジネスというものは、自分だけが良ければいいって訳にはいきませんよ、
取引相手も、お客様も、社会も、良くなる事ですよ」

と。
教科書に出て来そうな文句だけど、目が開きました。

「新しいお金の流れを作る事、社会の為によい流れをつくること」

なんだ、と納得しました。


[PR]
# by y-hiro83 | 2009-01-12 23:12 | 日本と世界
c0093935_1345758.jpg


Europeana 12月23日再始動。(もとい11月20日にスタート)
ヨーロッパの電子図書館が公開しているデジタル化された
絵画、書籍、映画、文献の検索サービスサイトで、欧州委員会が
計画し、立ち上げたもの(by wiki)

今現在200万点のアーカイブされるドキュメント量を、
2010年までには1000万点を目指しているらしい。
と、数字を並べてもピンとこないが、
欧州の図書館や博物館のアイテムに関していえば、今現在1%しかデジタル化されていないないといわれている。

mixiを引き合いにしていいのか分からないけど、
「日本人の中でインターネットでコミュニケーションをはかる人」が使用するSNSの1つ、
mixiでは、さぞかし日記にたくさんアップされているのかと思いきや、
検索すると、ヒットするのはたった1件のみ。

そしておそらく、閲覧者も多いであろうmixiニュースでも取り上げられていない。

遠い海の向こう、ヨーロッパでの文化遺産のデジタル化と、一般市民アクセス化。
ということだけれども、
なんでニュースにならないのか。

この事実を知らなくてもいいけれど、
知っておいたほうがいいのは、
日本でも文化遺産のデジタル化と一般人のネット閲覧可能をしたほうが
良いのではないか?という意識。

大学や図書館といった公共機関からのみでなく、誰でもどこからでもアクセスできるのは大きい。
しかも、Amazonなどの商業ページや広告が反映されないのも良い。

まさに、近づきやすい知の宝庫。
ヨーロッパにある、(私が知るのはパリだけれど)入り口で、身体チェックをされて入館する厳かな図書館や美術館ではなく、
自宅にいながらにして「パジャマ姿でクリック」でそれら文化遺産を閲覧できるのは凄い。

今、観光というものの大半は、「確認作業」になっていると私は思う。
つまりは、地球の歩き方に出ているジェノバのジェラートを食べにいこう、雑誌で見たアムステルダムのサイクリングをしよう、TVで見たあのパリの朝市で買い物をしよう、ネットでみたモアイ島をこの目で見に行こう、ということ。

そこに新しく、europeanaで検索して出合ったあの美術書を、パリの国立図書館に見に行こう、という知の観光が付け加えられるのではないか、
なんて思う。

そしてまた、「ヨーロッパの文化」は世界に知られて行く。
さて日本は、どうすべきか。
[PR]
# by y-hiro83 | 2008-12-30 01:35 | 日本と世界
三浦展:社会学部卒業
徹底的に「地方」をこき下ろしている本。
(社会学者なので、建築都市に対する提案は目にタコてきなのは、これもまた然り)
犯罪は地方の国道沿いで起きている、
そしてその近くには必ずある大型商業施設。
よってイオン、ジャスコは悪である、
なぜならば、クルマで移動して、大きな建物の中で
人との(店員)とのコミュニケーションなしに、ものが消費されていく。
子供達は、消しゴム1つかうにも、イオンにクルマで運ばれて行く。

地方はいかれている、消費することしかない。
のどかな田舎。はもはや幻想である。
東京で育つ子供のほうが自然体験学習と、積極的である、
教育費では、東京と地方で差があるのに、娯楽費では大差ない。
大型商業施設のなかで、スーパーも本やも、ブランドショップも消費されて行く。
階層化を受入れ始めているのが危険。

また、小話として、過去3年の間に海外旅行に出掛けた事のある18−24歳の若者
アメリカ人:21%
スウェーデン人:92%
ドイツ、イギリス人:77%
イタリア人:72%
フランス人:67%
カナダ:56%
に比べると、かなり低い。
日本31%

アメリカは世界で一番素晴らしい!と考えている若者が多い、
だから平気で他国を爆撃できるのだ、という俗説紹介。

日本人は、戦争の経験があるからそんなことは考えない、が、
「地方で快楽原理のみで生き、メディアに翻弄されやすい日本人が増えていく予感が。。」
という。
Jリーグを持ち、チェーン居酒屋で集う日本人が突如
「ニッポン!ニッポン!」と騒ぐプチナショナリズム。
と。


極論かもしれないが、否定できないです。c0093935_23395492.jpg
[PR]
# by y-hiro83 | 2008-07-26 23:50 |

後輩AUSMIP生が帰国

今年のAUSMIP生が帰国して、発表会がおこなわれた。
いや、レベルが高いな、としょうじき思った。
目的意識をもって、遂行してきました!という漲る自信が感じられた。

さて、問題は自分の帰国から1年以上が経ったということ。
薄れつつある記憶の中で、今年の後輩たちの
「大変貴重な経験をさせて頂き、感謝しております」
という言葉に、1年前、興奮覚めやらぬまま帰国したことを思い出す。

そして、AUSMIPという交換留学をできたことを改めて
思い出し、やる気が芽生える。

発表会後の懇親会にて安藤先生が、
奇しくも私の卒業制作を覚えていて下さったことが
とても嬉しかった。
栗生先生には「デザインのかけらもない」と言われたあの作品、
自分のこころのなかで、かさぶたから
ほくろのようになったあの作品。

かつて、TVでつぶやきシローという芸人が
「ほくろって、ほじれば消えるんですよー」
とつぶやいていたが、ほじっても、消えない。
むしろ、痛みを伴って
拡大して残る。

ほくろ ってやつは。

私の作品は人目を浴びないところにあるほくろ だと思っていたのだが、
意外にも覚えていてくださった事が嬉しかった。

私の混沌とした考えと未熟な表現能力だったが。

「戦争を忘れないために、
  日本がこれからも憲法9条を掲げる国であるために
   日常生活の中で戦争追悼の場を設ける」
と言い、外濠に舞台をつくった。

日本の良さも大して理解していなかった4年生のころ。
しかし、
留学の後半から日本の良さが目に見えた。

しょうじき、最初は分からなかった。

太陽のした、川べりで寛ぐ西洋人をみて、彼らを羨ましく思い、
言いたい事を言う西洋人をみて、彼らになりたいと思った。

しかし、
分かってきた。

日本って、捨てたもんじゃない、と。


残りの学生生活で、もう1度、ほくろのような卒業作品と向き合ってみようか。
とふと思った。

それと、
まだ捨てたもんじゃない日本を想って、
修士論文のテーマを見つけたい。

(。、、と、ここら辺はまだ言語化できていないが。。。)

AUSMIP懇親会のとき、

「向こうに行ったらさ、
  日本の良さを、なんでもいいから伝えられるといいよね」

と、
今年の秋にP留学に行く後輩に、
先輩ぶって、言ってみた。
[PR]
# by y-hiro83 | 2008-07-19 15:08 | わたくしごと